人生

twitterとともに歩んだナンパの9ヶ月を振り返った

投稿日:

俺は自分に向き合っているか?・・・


9/2、俺はtwitterアカウント「エトオ」を消した。
いろいろ書いたが、twitterから得られるプラスの影響はもうないと判断したからだ。

そんな中、とある方がアカウント削除の直前にDMをくださり、合流をしてお話をさせていただいた。
彼をXさんとしよう。
なんと俺のブログを全部読んだとのこと。
赤裸々に気持ちをただひたすらぶつけて書いてきたが、それが見事に伝わったようだ。
とても嬉しかった。

Xさんとの対話の中で気が付いた数々の心情・・・

Xさんも「twitterナンパクラスタ」を見ていると形成されていく価値観に疑問を抱いている人の一人で、共感できる部分が多かった。
とある事情で数打ちができない。誠実なナンパスタイル。準即がメイン。女性の質も高くキープはほぼ確実。

それは、完全に俺が当初目標としていたスタイルだが。
一方今の俺は即系ナンパである。
完全なるチャラナン、ネタナン。基本的には色も使わずノリで即るスタイル。

今は東京から去った師匠が
「エトオは即系ナンパがいいよ」
と一言言ってくれたのが大きなきっかけだっただろうか。

数のためにLINEすら交換したくもない女性を即ったりするようになった(本当に失礼なことだが)
Vくんの31日間の声かけチャレンジに参加し7人とセックスをしたが誰とも関係が続いていない
関係を続けたい人は4人ほどいたがブロックされたり、既読無視でフェードアウトして行った。

Xさんと俺はなんと対照的なのだろう。

なぜこうなったのか。元はと言えばXさん寄りだった俺。

元はと言えば、俺は「The Game」をバイブルとしていた。
そこでは即系ナンパとは程遠い理論が展開されている。

出会ってから「7時間」の接点を持たないと、女性は普通セックスしない。
対面で話す時間以外に、電話、メールなども含む。
これを「ソリッドゲーム」と呼ぶらしい。

それより極端に短いものは、「フールズメイト」と呼ばれる
*チェスにおけるフールズ・メイト(Fool's mate)は、最初の状態から最短の手数で詰みにいたる手順である。本来なら起こりえない状況という比喩。*

クラスタ入りする前は経験人数4人。
そのうち3ゲットが「ソリッドゲーム」だった。

必死に居酒屋や導線を選んだりして、丁寧に電話でメンテナンスなどをした上でのアポ。
すぐに即ではなく、一軒目、2軒目、公園、買い物、映画など色々フェーズを組み合わせて徐々にボルテージを上げていく。
時間がなくて仕切り直して2、3回目のアポまで長引いたりすることも。

ゲットする頃には彼氏候補として見られていた。
俺もそうだった。非常に深い関係になったような気がしていた。

当然彼女たちとの関係は一夜限りではなくちゃんと続く。(俺の人格的な問題で結局全て破綻してしまったが。クラスタ入りのきっかけでもある)

残りの1ゲットは合コンでの即で、出会って3時間ほどでセックスをした。
すぐに連絡は途絶えた。

ここまででもtwitterは確かに見ていたが、フォローしていたのはほとんどが恋愛工学生のアカウントなので、刺激を受ける部分はナンパではなく
読書や筋トレや英語など。価値観は非ナンパ師のそのものであった。

このままではまずいと行き詰まりを感じ、ナンパクラスタ入りを決意した。

ナンパクラスタ入り・・・

一度ナンパ講習を受けて、街で合流を繰り返し一気に知り合いが増えた。多すぎて吐きそうになるぐらい増えた。
フォローも恋愛工学からナンパクラスタに完全に移行して、ひたすら街に出た。それはもう意味不明なぐらい出続けた。

ソリッドゲームしか知らなかった俺は、出会って30分以内で女性を抱く「弾丸即」に憧れひたすら連れ出してはボディタッチもできず負けたり、キスしようとしてドン引きされて負けたりを繰り返した。

ナンパ師をフォローしていると、毎日即の報告を見ることになる。
そうするといつの間にか、即日のセックスは当たり前という価値観に変わるのだ。
半年前まで童貞だった俺が、違和感なくギラつく、当たり前のように個室に行く。
twitterを見る。即の報告をまた見る。焦る。ひたすら街に出る。

そんなループを繰り返していたら、ストリートで初めて即ができた。クラスタ入りして約3ヶ月。
彼女とは遠距離だが綿密に連絡をとった。不思議に関係が半年続くことに(この前振られた)

そこから一気に成長をして、半年で約20ゲット。(うちストが14ゲット。他はバー)

関係はほとんど続かなかった。本気で惚れた相手にはブロックされた。

さいごに

人生のステージを上げるためには、上のステージにいる人と一緒になれ!とはよく言われている。

ナンパクラスタは、非ナンパ師からしたら間違いなく上のステージだ。
価値観を180度ひっくり返されるようなツイート、ブログの数々。

実際にナンパをして得られる経験は大きく俺を成長させてくれた。
が、入り口で見ていた景色とは良くも悪くも違った。

本当は愛し愛されたいのに、、、こんなことになっている、、、

なんとなくわかっているけれど。方向性を切り替えて本気で誰かを愛したらひどい裏切り方をされて。
また街に戻って来るんだろうなあ。

だがしかし、間違いなくtwitterで渦巻いている価値観に迎合していては幸せになれないと思ったのが削除のきっかけだ。
あくまで非モテが変わるきっかけとしては最高だったが、長くいるものでもない。とふと思ったのだ。

もっと深く自分と向き合って。女性と関わって。
twitterをだらだら見ることよりも、友人や、今までの活動でできた仲間と深く語り合って。

おまけ ナンパ師のtwitterを見ているとこうなるまとめ

・即が当たり前等、ナンパ師の価値観になる。(ステージは最短で上がると思う)
・見えない敵と自分が戦い始める(エトオよ、その敵は自分自身だったのだ)
・感覚が良くも悪くも麻痺する(インターネットを通じて人に会う等のメンタルブロックについて)
・noteの広告だらけで疲れる(俺がこの記事で紹介してるブログの数々より濃いnoteなんて一つもなかった)
・スマホの電池がすぐ減る
・自分の都合の良い情報ばかりピックアップしがち

あくまでも個人差があると思いますが...
うまく運用できる人の方がむしろ多いと思います。

これからはtwitter見てた時間を自学研鑽や、ナンパの振り返り、ナンパそのものに費やしていければと思います。

あとブログの執筆時間も。

おわり

-人生

Copyright© ノウハウ記事置き場 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.